ビジネス資金の調達は総量規制でちょっと厳しい

事業資金を借りる場合は、総量規制の例外になるので、ビジネス資金を借りるのは問題なさそうに感じられますが、

実際は、自営業者など、個人でビジネスをしている人には結構資金調達が難しくなっています。

大程度の規模の企業やすでに軌道に乗っている自営業者ならば、ビジネスローンで資金調達も難しくないでしょうが、

実績が無く、これから資金調達してビジネス展開しようという場合は、銀行のビジネスローン審査は厳しいものとなると思います。

改行や、短期的な新規不足などの場合は、個人向けのフリーローンを利用して資金を調達していた個人事業者などが多かったのですが、

生活資金として借りる場合ノンバンクでは、総量規制になってしまいますし、総量規制適用外の銀行の場合は、使途自由なカードローンであっても、事業資金は除くとなっていて、そのために借りるのが簡単ではないのです。

一番理想的なのは、日本政策金融公庫など公的な金融機関が良いのですが、急な資金を必要とするようなときには、事業計画書を作ったり、審査を受けたりなどで、時間がかかりすぎるのがネックとなってしまう事がおおいのです。