事業ローン記事一覧

再チャレンジする人のための資金というものも国で用意されています。独立開業、起業に失敗して、一度廃業経験がある人に貸し付けてくれるというありがたい事業融資です。民間のビジネスローンなどてはこのような融資はないと思いますが、日本政策金融公庫には、このゆうよ融資制度があります。ただ、廃業の理由が法律違反によるものとか・・・・廃業で借金がたくさん残っていて、その整理がついていない場合などは当然融資してはも...

事業者にとっての資金調達は、事業ローンを組むことになりますが一番有利で理想的なのは、もちろん日本政策金融公庫で事業ローンを組むことです。しかし、公庫で事業者がだれでも借りられるぐらいならば、民間金融機関のビジネスローン商品が存在するわけはなく。それがあるということは、公庫で限度まで借りていて、それ以上かりられないとかすぐに資金が必要なつなぎ融資であったりするからでしょう。

事業の資金を融資してくれるのに、なんと、無利息で融資してくれてしかも、6ヶ月は返済猶予期間がある。そんなすごい事業ローンがあるのをご存知でしょうか?もちろん、無利息なんて話は、民間のビジネスローンではありえません。公的な事業ローンの話です。ただし、誰でも、いつでもというわけではありません。

日本ではまだまだ、あまり知られていない、在庫などの動産を担保として融資を受けるという資金の調達方法があります。米国では当たり前のように行われている融資方法だそうですが日本ではあまりなじみがありませんね。日本では、不動産と信用取引がほとんどですから、不動産価格が下がって、あまり上がる見込みがなくなったいま、なかなか融資をしてもらえない中小企業が増え

事業資金を借りる場合は、総量規制の例外になるので、ビジネス資金を借りるのは問題なさそうに感じられますが、実際は、自営業者など、個人でビジネスをしている人には結構資金調達が難しくなっています。大程度の規模の企業やすでに軌道に乗っている自営業者ならば、ビジネスローンで資金調達も難しくないでしょうが、実績が無く、これから資金調達してビジネス展開しようという場合は、銀行のビジネスローン審査は厳しいものとな...