銀行の消費者金融化?

年収の3分の1までしか借りられなくなって困ったのは、一般の消費者だけでなく、それでつなぎ融資的に事業を運営していた、中小企業など、小さな事業者だそうです。
国の事業ローンなどだと、審査が時間がかかりますし、すでに限度いっぱい借りていたり。

民間のビジネスローン商品だと、限度額があまり大きくなかったりします。

消費者金融で借りる方が使用目的も限定されませんし、限度額が大きかったので、金利が高くてもつかいやすかったのでしょう。

また、貸す方である消費者金融も、かなり貸し出しが減って経営が苦しくなってきているようですね。

グレーゾーン金利も、完全に違法になり、返済させすぎた分の返却で大変なことになっています。

こんななか、銀行の子会社系の、消費者金融の無人ATMなどの譲渡をうけて、銀行自らが消費者金融業を行うところがでてきました。

銀行は、貸金業法の規制をうれないので、そのきになれば、いくらでも融資できると言うわけです。

はたしたこれが消費者、国民にとっていいことなのかどうかは、まだこれから実際にどのように借りたり、貸したりされるのかわからないので、未知数ですが、

なんのための貸金業法の規制だったのか?ということにならないいいと思います。