住宅ローン買い換え需要で金利が低下中

今大口ローンのチャンスにあるかもしれません。

震災直後、長期金利は上昇し、震災の後復興需要で融資需要が増えて金利が上昇する、

さらに日本の財政悪化がさらに深刻になり、金利が上昇するという見込みでしたが・・・

どうも、そんなに円は緩和させていないのに、金利低下の方向に流れています。

そして、今、住宅ローンの借り換え需要を迎える時期とあって、銀行などが、それを取り込むために、金利競争をしているので、かつてないほど低金利で住宅ローンがくめます。

なんと1%未満の0.7%とかの変動金利もでてきています。

こんなに低金利で、しかもさきゆきも金利上昇は当分なさそうな気配ですから、これは借りどきとみていいかもしれません。

長期金利の低下ですから、民間金融機関のビジネスローンなども金利は低めになってくると思います。