フラット35住宅ローン金利優遇1%が間もなく終了

フラット35の金利を中古物件で、10年新築で20年間優遇する制度がありますが、この優遇のための予算の上限に達する申し込みがあるため、

9月末または10月末にも終了の見込みということです。

1%の優遇を10年その後0.3%10年というのは数百万円単位で特になるので、ここで利用した人はとても得をする事になります。

そろそろと考えていた人は、この優遇が終わらないうちに利用した方がいいでしょう。

住宅ローン減税も、今ありますので、これは1年ごとに減税最大額が100万円すくなくなっていきますので、やっぱり早いほうがいいのです。確定申告して住宅ローン減税をうけるので、住宅ローンの支払いがへねわけではありまのせん)

すでに住宅ローンを組んでいる人はうらやましい・・・と思うかもしれませんが、今返済中の方も、変動金利が下がっていることから、10年目を迎えた人などの、住宅ローン借り換え需要がおきていて、それで金融機関が金利引き下げ競争をして、低金利になっているので、借り換えをすればお得になります。